このブログを検索

Translate

2014年7月27日日曜日

That's女子プロレス@和歌山&大阪大会(Part. 1)

先週の20日日曜日と21日月曜日は、長与千種プロデュース「That's女子プロレス」の和歌山と大阪の大会でした!
私、やまげん♪も長与さん(以下、ボス)のバックバンド"Love Motion"の一員として、入場曲を演奏すべく行ってまいりました~!
 
 
 
土曜日の午後、湯島のお店にバンドが集まって最終リハ!
この日は、ちょうどギタリスト永田ベック氏の誕生日!
ベースの仁さんがケーキを用意してくれて、プチバースデーパーティーも出来ました(*^。^*)
ベックさん!お誕生日おめでとうございます!
 
その後、一路和歌山へ!
若いころ、夢にまで見たロード。
ボスも自分に「大変じゃないか?」と聞いて下さったのですが、昔からやりたかったことなので逆に感慨深い気持ちになりました。
全員でバス移動して力を合わせての共同作業。これほど楽しく、充実したものは他にありません。
 
サービスエリアで食べるソフトクリームの味も格別っ!(*´▽`*)<それかっ!!!!!
 
9時間ほどバスに揺られて、和歌山県有田川町立きび体育館に到着!
養生シートを敷いて、リングの設営、ステージ上の設営も全員で。
このロードのメインのKAORU選手を始めベテランの選手の方々も総出でリングを作っていきます。
若手からベテランの選手の皆さんの一体感は素晴らしいです!
 
ボランティアで集まって下さったボスのファンの方々も、協力して椅子ならべ等のお手伝いをしてくださいます。
 
ボスの元に集まった選手の皆さん、バンド、ファンの皆さん、そしてPAや大道具さん達。
全員が一丸となって、That's女子プロレスは動いているのです。
 
12時から試合開始!
 
今回も、レフェリーのトミーさんが負傷して、ダンプ松本選手の試合のレフェリーをボスが務めたり(これは正直レア!この日いらしたお客様は、とっても得したと思います(*^。^*))、試合後、歌のコーナーの後が試合だったからボスの歌が観れなかったとダンプ選手が怒りだし(最後はボスから逆エビ固めをかけられ、敬語になってましたが・・・(^-^;)、再度「友情1987」を演奏したり、メインイベントでは、浜口文子選手とKAORU選手がバンドのいるステージからブランチャを決めたりと予想外の展開盛りだくさん!
 
個人的には、大阪までの4大会で一番面白い大会となりました!
 
休憩時間には、バンマスのマキさんが"Let It Go"を、やまげん♪が村下孝蔵さんの「初恋」を披露。
"Let It Go"では子供たちが、「初恋」では大人の皆さんが盛り上がって下さいました~!
ありがとうございましたっ!
 
終了後は、また全員で片づけをし、バスの中で爆睡。
バスは、一路大阪へ!
 
夜は、ボスとバンドメンバーで晩御飯。
普段、バンドメンバーで飲みに行くことは殆どないので、これも貴重な体験!
ボスから貴重なお話しを沢山うかがうことが出来て、有意義な時間を過ごすことが出来ました。
 
ご飯の後は、バンドの雄姿で地元のロックバー「プカプカ」へ。
飛び込みで入ったのですが、マスターも優しくてとってもいい方でした~!
地元のミュージシャンが集まる場所らしく、地元バンドの音源なども聴かせてもらいましたっ!
"Love Motion"の結束も、ますます高まったような気がします(*^。^*)
ありがとうございました~!
 
そんなこんなで、大阪の夜は更けていくのでありました(Part.2につづく・・・。)
 

0 件のコメント:

コメントを投稿